教会がはじめての方へ

はじめまして

ようこそ、わたしたちの教会のホームページへ

150412-15

人をこの世界に目的を持って存在させてくださった、天の親である神さま

そのお方に、イエスキリストのことばを通し、共に出会う場と時。礼拝。

その礼拝を共に捧げる人々の集まりのことを「教会」と呼んでいます

聖書はその「教会」のことを、「神の家族」とか「神の民」、「イエスキリストの体」と譬えます。

神に愛されていることに目覚め、共につどう「仲間」。同じ天の親の「家族」。それが教会。

今、神さまに導かれて、これを読んでくださっているあなたも、もちろん神さまに愛されて存在した尊い人

聖書には、こう書いてあります。

「わたし(神さま)の目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」(旧約聖書 イザヤ書)

「神は、そのひとり子(イエス・キリスト)をお与えになったほどに、世を愛された。」(新約聖書 ヨハネによる福音書)

どうぞ、日曜日の礼拝にお集いください。

仲間がおまちしています。

 牧師 藤井秀一

Q1 「バプテスト」 「バプテスト連盟」とは、キリスト教とどういう関係があるのですか。

 

A 「バプテスト」という教派はキリスト教のプロテスタントのなかにある一つの教派です。教派としては約400年の歴史があります。

バプテスト教会の「バプテスト」という言葉は、聖書に記された「バプテスマ」というギリシャ語の言葉からとられています。

「バプテスマ」とは、一般には「洗礼」と訳されている言葉です。ただ、わたしたちはギリシャ語本来の意味を大切に考え、「洗礼」ではなく「バプテスマ」と言うところから、バプテスト教会と呼ばれています。

地域にある一つ一つのバプテスト教会は、自主独立しており、互いに助け合い協力しあうために「日本バプテスト連盟」を結成しています。

 

 

Q2 花小金井教会はどんな教会ですか。

A 1966年にアスキュー宣教師により花小金井で活動が始められてから、約50年の歴史を持つ教会です。2011年に美しい会堂が完成し、赤ちゃんから高齢の方々まで、幅広い人々がなかよく集う、明るい教会です。

 

 

 

Q3 「クリスチャンにならなければならない」と言われることはありませんか。

 

A そういうことはありませんので、ご安心ください。むしろ、そのような人による強制や束縛から解放されて、神さまが愛し、造ってくださった、自分自身の本当の姿を取り戻し、新しい一歩を歩みださせてくれる喜びの知らせこそ、教会が伝えている「福音」です。

ですから、クリスチャンとは、人間の努力で「なる」というものではなく、神さまが心を開いて「福音」を自分のこととしてわかるようになり、自分の意思と本心から、信仰を告白した人たちのことを、クリスチャンと呼ぶのだと、わたしたちは理解しています。

 

花小金井駅から教会までの行き方のビデオです。

PAGETOP