「やめる日」(2015年7月12日週報巻頭言 藤井牧師)

IMG_0020 安息日の「安息」と訳された元のヘブル語は「シャバット」。元来「やめる」「終わる」という意味の言葉です。6日の間「すべきこと」に追われた状態を「やめる」。自分ですべて出来る、自分がしなければ、という思いを「やめる」日。

「すべきこと」のために体を休める日ではなく、むしろ、「すべきこと」を「やめる」ことで神に委ねる日。神ががいのちを与え、いのちを生かす方であることへと立ち返る日。
イエスさまは、安息日に神を礼拝することと共に、人々を癒し、空腹のものには食べさせてくださいました。「すべきこと」を行うからではなく、ただひとえに「いのち」「存在」を愛し、救わずにはおれない、天の父の愛を伝えるために。

イエスは言われた。「あなたたちに尋ねたい。安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行うことか。命を救うことか、滅ぼすことか。」(ルカ6:9)

関連記事

  1. いのちのパンをください

  2. 「今、目の前の人をこそ」(2016年11月20日週報巻頭言 …

  3. 「注文を間違える料理店」(2018年8月12日 週報巻頭言 …

  4. 「イカ釣りに学ぶ」(2015年5月17日週報巻頭言 藤井牧師…

  5. 2020年2月16日 主日礼拝メッセージ「わたしたちの羊飼い…

  6. キリストがわたしの内に生きている