「平和のつくりかた」(2016年5月15日週報巻頭言 牧師 藤井秀一)

バプテスト連盟「平和宣言推進プロジェクト」が最近発行した、「平和のつくりかた」というブックレットに、このような文章がありました。紹介いたします。

「・・・対話は、自分の思っていることを相手に伝え、また相手の思いや考えを聞くことです。そうした対話を通して、お互いを知り合うことができるだけでなく、お互いに変わり、お互いに新たにされることが起こされていきます。・・・一方でわたしたちは「言わなくても、わかってくれるに違いない」とか「どうしてあの人は、自分のことをわかってくれないのだろう」と思って、自分の思いを表していないのではないでしょうか。・・・暴力や戦争は、対話をやめ、相手を知ることをやめ、自らがかわることを恐れた結果です。間違った情報や偏ったイメージで相手にのみ変化を求めて、その結果、相手を敵と見なすようになってしまうのです。・・・対話の中で、わたしたちはお互いに変えられ、お互いに新たにされます。その対極にあるものが、命令です。命令は一方から一方に伝達され、片方にだけ変化を求めます。そして暴力や戦争は、まさにこうした命令の中で起きるのです。・・・わたしたちは、対話の中でこそ生み出されていく交わりを喜びましょう。そこで起こされる変化こそ、わたしたちが共に生きる証しであり、それができることが平和なのです。」

今日は神と人、人と人とをつなぐ交わりの霊。

聖霊が降った記念の日。ペンテコステです。

関連記事

  1. 「人の尊厳と祈り」(2016年7月31日 週報巻頭言 牧師 …

  2. 新しい生き方へ

  3. 「その一言の力」(2017年6月11日週報巻頭言 牧師 藤井…

  4. 「神学生を覚えて」(2018年6月24日 週報巻頭言 牧師 …

  5. 「永遠の命に活かされ生きる人」(2019年3月17日 週報巻…

  6. 「本当の自立とは」(2018年1月14日週報巻頭言 牧師 藤…