「神の選び」 (2015年7月19日週報巻頭言 藤井牧師)

IMG_0043イエスさまの時代のローマ帝国。そしてローマに支配されていたユダヤの関係。それは今のアメリカと日本の関係に似ているところがあるという人がいます。大国ローマを恐れるあまり、ユダヤの同胞より、ローマのご機嫌を損ねないことに心を配るユダヤの議員たち。それは今この日本で、民意とは別の動機で「安保法制」を強行採決していく人々の姿と、どことなく重なって見えるという意味でしょう。

さて、そんなローマの支配下にあったユダヤで、イエスさまは「福音」を共に伝えていく仲間、「使徒」と呼ばれる12人を選びます。

驚くべきことに、その「使徒」の中には、かつてローマの手先として徴税人をしていた「マタイ」、そして正反対にローマからの独立運動をしてきた「熱心党のシモン」がいます。限界ある人間の認識、思想を超え、昔も今も、神は人を選び、用い、よき働きを進められる。ゆえに御心を祈りつつ、平和の「福音」の種を播き続けましょう。

 

「・・弟子たちを呼び集め、その中から十二人を選んで使徒と名付けられた」(ルカ6:13)

関連記事

  1. 「誠実に愛し合うとは」(2019年2月17日週報巻頭言 牧師…

  2. 「世界祈祷週間について」(2017年11月19日週報巻頭言)…

  3. 来たるべきAI時代にもとめられるもの

  4. 「やがて見ることになる、大いなる光」(2018年12月9日週…

  5. 信仰によってあなたは神の子なのです

  6. 「召されたところで」(2017年8月20日 週報巻頭言 牧師…