「あかし人」(2017年5月28日週報巻頭言 牧師 藤井秀一)

先週の礼拝からしばらく「使徒言行録」を読み進めることになりました。

主イエスの十字架と復活、昇天のあと、弟子たちの中に聖霊が降り、最初の教会が誕生しローマにまで「福音」が広がる様子が記される「使徒言行録」。この聖霊による神の物語は今にいたるまで続いており、わたしたちの花小金井教会の一人一人も、聖霊によってこの神の物語の一部を生きる仲間として、今、ここに招かれ、共に歩んでいます。

そんなわたしたちが大切にしたいのが「証し」です。

ふつうクリスチャンは「証し」というと「他の誰かに自分の信仰を伝える」という意味に理解しています。一方「使徒言行録」を書いたルカのいう「証し」「証人」とは、

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そしてエルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」(1:8)

「・・・主の復活の証人になるべきです」(1:22)

「神はこのイエスを復活させられたのです。わたしたちは皆、そのことの証人です」(1:32)

「神に従わないであなた方に従うことが、神の前に正しいかどうか、考えてください。わたしたちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです(4:20)

という具合に「他の誰かに、イエスは今も生きておられることを伝える」という意味で「証人」という言葉を使います。聖霊は我々をイエスの復活の「あかし人」にするのです。

関連記事

  1. 「みんなの食事会」(2019年4月28日 週報巻頭言 牧師 …

  2. 「聞くべき言葉」(1月22日週報巻頭言 牧師 藤井秀一)

  3. 「わたしたちは誰のもの」(2017年2月19日週報巻頭言 牧…

  4. 「わたしは主をみました」(2019年4月21日イースター 週…

  5. キリスト者の自由

  6. 聖霊と礼拝