クリスマス祝会

クリスマス礼拝のあと、

みんなで祝会を開きました。

 

 

 

 

 

今年は、「降誕劇2018花小金井」という台本をもとに進めました。

降誕劇ではありますが、

朗読劇のようでもあり、音楽劇のようでもあり、

コミカルな面もあり、全員参加型のエンターテインメント。

練習は一切なし。

台本片手に、演じ、笑い、歌いました。

 

 

 

 

 

先ずは、クイズ。

最も正解が多かった人が、宿屋3の役を獲得しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、スタンバイ状態です。

 

 

 

 

 

 

 

これは、恐らく占星術師たちでしょう。

星を見つけたと言ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらもスタンバイ状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

天の使いの賛美

 

 

 

 

 

 

 

ヨセフと天の使い

 

 

 

 

 

 

 

これは、旅人たち。聖書には出てきませんでしたね。

 

 

 

 

 

 

 

マリアとヨセフの宿屋探し。

 

 

 

 

 

これは、ヘロデ王のところに占星術師たちが来たところです。

 

 

 

 

 

 

 

羊飼いたちです。

 

 

 

 

 

 

 

羊飼いたちのところへ天の使いが現れました。

 

 

 

 

 

マリアたちのところへオールキャストが勢ぞろい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで賛美しておしまい。

食事も含めて2時間の祝会でした。

すみません。途中に特別賛美がいくつもあったのですが、

紹介できませんでした。

悪しからず。

 

関連記事

  1. 日曜日の夕礼拝はおすすめ

  2. 夕礼拝の様子

  3. 第一主日は、主の晩餐式

  4. 礼拝の脇役

  5. 久しぶりにユース今月の賛美

  6. 朝は膝を突き合わせて