平和主日礼拝 賛美とみ言葉

賛美は、うまく言葉にできない思いを代弁してくれることがあります。

励まされたり、心に迫ってくることもあります。

メロディーに心が鎮められたり、癒されたり、鼓舞されたりすることもあります。

天の父を思い浮かべたり、悔い改める思いが与えられたりすることもあります。

 

み言葉に耳を傾けていると、

平和への思いが高まり、祈りの言葉が口をついて出てきます。

今日も主に支えられて生きているを感じ、喜びが沸いてきます。

平安が与えられ、新たな一歩を踏み出す力が沸いてきます。

新しい一週間のスタートです。

 

 

関連記事

  1. 子どもクリスマス会の報告

  2. 5人衆が賛美をリード

  3. 昼食の後はクッキー作り

  4. 証とピアノ演奏

  5. 夕礼拝の特別プログラム

  6. 礼拝の脇役