愛がなければ・・・

コリントの信徒への手紙 一 13章1節~13節

10月22日の礼拝テキストです。

「愛がなければ」

愛は忍耐強い。

愛は情け深い。

ねたまない。

愛は自慢せず、高ぶらない。

礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。

不義を喜ばず、真実を喜ぶ。

すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。

 

信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。

その中で最も大いなるものは、愛である。

 

礼拝の中で、ホルンとピアノによる特別賛美がありました。

関連記事

  1. 信仰について語る

  2. 続モーセ物語を礼拝で

  3. もくもくと飾り作りに専念

  4. 祈りと賛美とメッセージ

  5. 24日の礼拝の様子です

  6. ペンテコステ礼拝の日