脇役の花ですが・・・

会堂には、花が飾られています。

決して主役になることはありません。

151108-12

 

でも、「花を添える」という言葉が、あるように、

一年中何らかの花が咲く日本では、

人を迎える時、歓迎の心や祝福する思いを現わすために、欠かせません。

 

教会も例外ではありません。

会堂には、その時々の季節を表し、思いが込められた花が活けられます。

神様に対する畏敬の念と、参会者を歓迎する思いです。

151108-03

 

この日は、黄色のバラとコスモスが目を引きます。

151108-04

担当してくださった方に感謝です。

関連記事

  1. 春ですねえ

  2. 梅の花は、春待つ心の象徴

  3. チューリップのねばり

  4. 8/4の花、やさしい夏を演出

  5. 10/27 天に送った方への思い

  6. 翼を大きく広げるお花