2023年3月19日主日礼拝ダイジェスト

「怒りと悲しみ」(週報巻頭言)
レント(受難節)を覚え、3月の礼拝では、わたしたちの罪のために十字架につけら
れ、死んでいかれる主イエスのお姿を、マタイの福音書の言葉を通して見つめ続けてい
ます。
今日読まれる26章57節以下の箇所は、とらえられた主イエスを、当時のユダヤ教の指
導者たち(大祭司、祭司長、最高法院)が、死刑にしたくて、偽証人を用意した不正裁
判の様子と、その緊急裁判が行われた大祭司の中庭で、事の成り行きを見つめていた弟
子のペトロが、その場にいた女中から「あなたもガリラヤのイエスと一緒にいた」と問
い詰められ、「そんな人は知らない」と3度も否認してしまった出来事になります。
この「最高法院での裁判」と「ペトロの否認」の出来事は、メッセージにおいては、
別々に語られることが多いと思います。私自身もそのようにこの箇所を、二つの事柄に
わけて読んできました。
しかし今回あらためてよく読んでみると、この偽証人を立てて裁判を行い、結果死刑
判決を下し、最高法院の人々が「罪の怒り」に満ちてイエスの顔を殴ったと告げるこの
出来事を、ペトロは「事の成り行きを見ようと、(庭の)中に入って下役たちと一緒に
座って」目撃していたのです。ゆえにこの主への罪の様子を、詳細に彼は証言できたの
でしょう。しかし、その罪の目撃者である彼自身もまた、その直後に「そんな人は知ら
ない」と主への愛を裏切っていく「罪の悲しみ」を告白していった。その意味で、この
罪の「怒りと悲しみ」は一つの罪の出来事として、わたしはイメージしたのです。
さて、先日冤罪が疑われている「袴田事件」の第二次再審開始を、一旦は取り消した
東京高裁は、3月13日静岡地裁の再審開始決定を認めたことがニュースになりました。
また、3月10日公開された映画「Winny」は、約20年前に公開された、ファイル共有ソ
フト「Winny」が悪用できるという理由で、「開発者」である金子さんが逮捕され裁か
れた、今からいえば、不当逮捕と裁判を扱う映画です。(判決は無罪となるが、本人は
心労のため死亡)
このような強者による罪のにおいがする、「怒り」を感じる出来事を知り、あるいは
目撃させられるとき、しかし同時に、忘れてしまわないように気をつけたいと思うので
す。ペトロが流した、ほかでもない自分の罪に「悲しむ」あの涙を。

関連記事

  1. 生きるための言葉

  2. 「み言葉の種が蒔かれて」(2015年10月11日週報巻頭言 …

  3. 「赤ちゃんが泣いたなら」 (2019年6月16日 週報巻頭言…

  4. 「本当に重要なことを見分ける祈り」(2018年9月30日 週…

  5. 「主イエスの言葉との葛藤」(2016年5月8日 週報巻頭言 …

  6. 「教会 神の物語」(2019年5月5日 週報巻頭言 牧師 藤…