「あの日を知ったものとして」(2016年3月13日週報巻頭言 牧師 藤井秀一)

5年前の3月11日。わたしたちはそれぞれ、違った場所にいました。

ある人は東京に、ある人は盛岡、仙台、福島に。それぞれに置かれた場所で、あの日の出来事を経験しました。そして被災地と呼ばれる場所でさえ、道一本隔ててその様相が大きく違うこともありました。なぜあの日、あの時。なぜその場所にいたのかは、だれにも明確な答えはないでしょう。ただ言えるのは、一人ひとり置かれた場所で、それぞれにあの日の出来事を体験したということです。もう、あの日を知らないわたしたちには戻れないということです。

さて今わたしたちは、主イエスの受難を覚えるレント(受難節)を過ごしています。神の子が、人の手によって苦しめられ十字架につけられて殺されるという、決してあってはならない出来事がこの歴史に起こりました。この世に神がおり、しかもその神が愛であるなら、なぜこのような不条理が主イエスの上に起こるのか。あの日この世界は深い悲しみを体験しました。しかし、その「あってはならない不条理な苦しみと死」は、神によって希望の日へと至ることを、イースターの朝、復活の主イエスに出会った人々は知ることになります。わたしたちも希望に至るその日を知るものとして、今を生きていきます。

関連記事

  1. 主を喜び祝うことこそ力の源

  2. 2022年7月31日主日礼拝ダイジェスト

  3. 「福音の蛇口」(2015年11月8日 週報巻頭言 牧師 藤井…

  4. 「信仰の交わり」(2016年11月6日週報巻頭言)   牧師…

  5. 「自分を愛する」ことと「自分だけを愛する」こと(2016年1…

  6. 『復活の朝』(2015年4月5日 週報巻頭言 藤井牧師)