「ことば」を食べる(2015年4月19日週報巻頭言 藤井牧師)

IMG_1391人は「ことば」を食べて生きています。赤ちゃんがまだ意味がわからなくても、お母さんが毎日「かわいい子」「大好きよ」といってくれる「ことば」を食べて成長するように。「ありがとう」「助かります」「すてきですね」「あなたがいてくれて、嬉しいです」そんな、心が温かくなる「ことば」の糧が食べられないなら、人は弱ってしまいます。たかが「ことば」されど「ことば」。礼拝のなかで、神の愛の「ことば」を食べて、心が元気になったなら、わたしたちもイエスと一つになって、温かな「ことば」を語りたい。あの人は今、そのあなたのその一言を待っているのですから。わたしたちも、そのひとことによって救われてきた、あの「ことば」を

「『あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者』という声が、天から聞こえた」(ルカ3:22)

関連記事

  1. 「神の前に」(2015年8月16日 週報巻頭言 藤井牧師)

  2. 「性的少数者と教会」(2018年8月5日 週報巻頭言 牧師 …

  3. 主の祈り②御国が来ますように

  4. 愛する子と呼ばれて

  5. 「命と希望の源 復活」(2017年4月16日週報巻頭言 牧師…

  6. 「十字架の真意」 (2016年3月20日 週報巻頭言 牧師 …