「へりくだる者」(2016年9月4日 牧師 藤井秀一)

中世の偉大な学者アンセルムスは、私たちが自分自身を深く知り、神に近付くときに感じるジレンマを、こう表現しました。

 

「なんと苦しいジレンマ

自分をみつめるならば、自分が耐えられない。

しかし見つめることがなければ、自分に直面できない。

自分について吟味すると、自分の姿が私を圧倒する。

しかし吟味しないでいると、永遠の罰が私を欺く。

自分自身を見ると、その恐怖に耐えられない。

自分自身を見ないなら、死は免れない。」

 

神の言葉によって、自分が問われるとき、私たちは謙虚にさせられます。

自分の道徳的弱さ、生活の中にあらわれる悪を、自分ではどうすることもできないと気づいて、心低く神に助けを祈り求める人々に、

主イエスは、神の祝福を宣言します。

「だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は 高められる」(ルカ14章11節)

関連記事

  1. 「福音という希望」(2016年11月13日週報巻頭言)  牧…

  2. 天の国と時

  3. 主において喜ぶ

  4. 「なぜ、わたしが」 (2015年12月13日週報巻頭言 藤井…

  5. 真の平和

  6. 2022年10月30日特別賛美礼拝