「主イエスにこたえて」(2016年2月28日週報巻頭言 藤井牧師)

このところ書店に並ぶ新書のタイトルに「なぜ、○○○は○○なのか」とか、「○○が○○のわけ」など、それを読めば「答え」が手に入ると思わせるキャッチフレーズが好まれているようです。今は「問い」より「答え」を求める時代なのでしょう。

聖書の読み方も、自分への「問い」を求める読み方と、「答え」を求める読み方があります。たとえば「人生に成功する秘訣」とか「人間関係でうまくいく方法」という「答え」をさがして聖書を読むこともあるでしょう。どちらの読み方も必要ですが、ともすると安易に手に入れてしまった「答え」では、本当にその人の腑に落ち、人生を変えていくことにはならないこともあるようです。

主イエスは弟子たちに向かって「あなた方はわたしを何者だというか?」と問われ、また「わたしに従ってきなさい」とチャレンジなさいました。主イエスは問い、チャレンジなさいます。答える(応える)のは、わたしたちのほうです。

さて、3月のイースターには神の招きに応えて、二人の方がバプテスマを受けることになりました。あらためて一年間歌い続けた「主イエスにこたえて、主イエスがこたえて 教会でそだつ わたしたちのゆめが」と語る今年の賛美歌の歌詞を、今深くかみしめています。

関連記事

  1. 実現する言葉

  2. 「さあ語り合いましょう」 (2015年4月12日週報巻頭言 …

  3. 2022年9月18日主日礼拝ダイジェスト

  4. 「響きあう仲間へ」 (2016年2月7日 週報巻頭言 藤井牧…

  5. 2022年1月2日主日礼拝ダイジェスト

  6. 2022年7月31日主日礼拝ダイジェスト