「生かされて生きる」(2015年6月7日週報巻頭言 牧師 藤井秀一)

P1050732わたしたちは、だれひとり自分の意思で生まれてきたわけではありませんから、自分に命を与えてくださった方によって、「生かされて生きる」存在と言えます。しかし、果たしてそのように生きているかと言えば、自分の力に頼り、自分の思いで行動し、自分の願いどおりにならなければイライラし、「生かされているもの」らしくは生きていないのです。そうであるのに、なお生きているとすれば、命を与えてくださった方に赦されているからでしょう。

つまり「生かされて生きる」とは「赦されて生きる」ということなのです。

『イエスはその人たちの信仰を見て、「人よ、あなたの罪は赦された」といわれた』

ルカによる福音書5章20節

関連記事

  1. 「人は何のために生きるのか」(2018年2月4日週報巻頭言 …

  2. 「解放宣言」(2015年5月3日週報巻頭言 藤井牧師)

  3. 「断食するもしないも」(2019年9月8日週報巻頭言 牧師 …

  4. 「やはり互いに生きる道に」(2017年12月31日 花小金井…

  5. 「それでも なお共に」(2016年1月17日週報巻頭言 藤井…

  6. 「主イエスにこたえて」(2016年2月28日週報巻頭言 藤井…