「さあ語り合いましょう」 (2015年4月12日週報巻頭言 藤井牧師)

今年度の主題、テーマは「礼拝を豊かに -主にあって、共に語ろう-」です。

「共に語り合う」それは簡単なことのようで、意外と難しいものです。

初対面の人とは、挨拶の後「いい天気ですねー」と天気のことで話題は尽きてしまいます。職場や学校、趣味のサークルの関係でも、共通の話題以外で「語り合う」ことができる友人は、どれだけおられるでしょう?

それぞれ違う人生を生きているわたしたちが、互いの違いを超え、平和のうちに語り合える場。それは立場や世代をこえて、お互いのことを、神が愛してやまない尊い人と敬い、互いの話に耳を傾ける場であり、その中心に復活のイエスがいて「平和」を実現している場。教会です。さあ「主にあって共に語り合う」平和の交わりを、深め広げる新年度の新しい歩みを、スタートさせましょう。

関連記事

  1. 「白と黒 麦と毒麦」(2019年9月22日週報巻頭言 牧師 …

  2. 「わたしたちは誰のもの」(2017年2月19日週報巻頭言 牧…

  3. 「お返しのできない人へ」(2019年11月24日週報巻頭言 …

  4. 「天のありか」(2016年10月23日週報巻頭言 牧師 藤井…

  5. 「永遠の命に活かされ生きる人」(2019年3月17日 週報巻…

  6. 教会を建てる