「ペンテコステ 神の家族の誕生」(2015年5月24日週報巻頭言 藤井牧師)

今日は、ペンテコステ礼拝。復活の主が天に昇り、集まり祈る弟子たちの上に、聖霊が降り教会が誕生したことを記念します。一つ覚えておきたいことは、聖霊が降ったのは、「礼拝」のために集まっていた弟子たちの上であるということです。つまり「礼拝」が先で「教会」はあとです。「教会」という人の集まり、組織、建物が先にあり、「礼拝」がなされていくのではなく、「礼拝」のために集まる人々のなかに聖霊が働き、その集まりが「教会」となるのです。ならば毎週「礼拝」を捧げるために集うわたしたちのただなかで、聖霊は働かれ、毎週新しく「教会」は生まれるということも言えるでしょう。その意味でいえば、毎週がペンテコステ礼拝です。今日の「礼拝」においても、わたしたちは新たに神の家族を迎え、新しい「花小金井教会」として生まれます。

「あなたがたはもはや、外国人でも寄留者でもなく、聖なる民に属する者、神の家族であり・・・」(エフェソ2:18)

関連記事

  1. 主イエスがいない舟の上で

  2. 生きた水

  3. 主の貧しさと私たちの豊かさ

  4. 「階段を下りることのできない不自由さ」(2018年3月4日週…

  5. 「それでも なお共に」(2016年1月17日週報巻頭言 藤井…

  6. 「お返しのできない人へ」(2019年11月24日週報巻頭言 …